理想的な家計簿の黄金比率 | 手取り25万円 子1人+夫婦2人 の場合

『 理想的な家計簿の黄金比率 』 を参考にして 家計支出の見直しを

今回ご紹介するのは、手取り月収25万円 『 夫婦 + 小学生の子1人 暮らし 』の場合の家計簿の黄金比率です。

専業主婦の方(または専業主婦になりたいと思っている方)はご主人の手取り月収で。
結婚したいぐらい大好きな彼がいる方は 彼の手取り月収で 『 理想的な家計簿の黄金比率 』 をシュミレーションしてみるとよいでしょう。

それぞれの項目に、いくらぐらい使うことができるかシュミレーションすることで、将来の家族設計や、専業主婦としての暮らし、働く主婦としての暮らしがイメージできるのではないでしょうか。




手取り月収25万円 子1人+夫婦二人 家庭の 『 理想的な家計簿の黄金比率 』

※『 会社員の場合 』 での計算です。
※ 自営業の家庭の場合は、貯蓄額が3〜5%プラスにできるように調整が必要です。

※小学生の子どもが1人いる家庭の場合

家計費内訳 適正割合(%) 手取り25場合
収入(手取り) 100% ¥250,000
食費 17% ¥42,500
居住費 23% ¥57,500
電気・ガス・水道代 6% ¥15,000
通信費 4% ¥10,000
日用雑貨費 3% ¥7,500
趣味・娯楽費 3% 7,500
被服費 3% 7,500
交際費 3% 7,500
こづかい 10% ¥25,000
子ども費 6% ¥15,000
その他 2% ¥5,000
保険料 10% ¥25,000
貯蓄 10% ¥25,000
支出計 100% ¥250,000

出典:畠中雅子著『教育貧民』(宝島社)

金額のイメージが付きやすいように、手取り収入が25万円の場合のそれぞれの項目で使用できる金額を、表の右側に記載していますので、参考にしてみてくださいね。




関連記事

ページ上部へ戻る