尿酸値が7.5mg/dlまであがったらすぐに食生活の見直しを!

尿酸値が7.5!痛風になる前に知っておきたい平均値と正常値のこと

痛風 尿酸値が高い人のおいしいレシピブック
よくわかる痛風・高尿酸血症を治すおいしい食事

尿酸値は血清尿酸値と呼ばれることもあり、体の中でプリン体を分解するときにつくられます。

普通なら体の外に排出されて正常な数値に保たれていますが、プリン体を過剰に摂ったりして排出が追いつかなくなると、高尿酸血症と呼ばれる区分まで達してしまいます。

そうなると、痛風をはじめとした生活習慣病にかかるリスクが大幅に高くなってしまうのです。

尿酸値の正常値は7.0mg/dl以下。

7.5mg/dlぐらいであれば、高尿酸血症となってしまいますが、食生活を改善するだけで尿酸値も下がり、痛風まで進行することを防げる範囲です。

もし尿酸値が7.5mg/dlぐらいまで上がってしまっていたら、これ以上尿酸値が上がり痛風の発作を起こしてしまう前に、今すぐ食生活の改善を始めてみませんか?



痛風は男女ともに注意!


痛風と聞くと男性がなりやすいイメージが強いのではないでしょうか。

体の機能的にも女性ホルモンに尿酸をためにくくする効果があるため、女性の痛風患者は余りいませんでした。

しかし、痛風患者の1割は女性と言われ、最近では食生活や生活習慣の変化により女性の患者も増えているとの報告もあるそうです。

食べ過ぎや、動かない生活を続けているために、女性ホルモンの効果があっても、尿酸の排出が追いつかなくなって数値が高くなってしまう方が増えているそうです。



尿酸値7.5mg/dl以上にならないようにするには?

尿酸値7.5mg/dlという数値はすでに高尿酸血症の区分に入ってはいるものの、十分に自身の力で下げられる範囲です。

まずはプリン体の摂取を避けることが必要です。

代表的なもといえばビールですよね。

ビールそのものをやめることが一番いいのですが、飲むことが習慣になっていると いきなりやめるのは難しいものです。
プリン体0の発泡酒などに置き換えることから始めてみるのも良いでしょう。

その他にも、毎日何気なく食べてる食材の中にもプリン体が多く含まれる食品は沢山あります。

また、肥満も尿酸値が高くなる大きな原因の一つ。
脂肪が尿酸を生み出すので太っている方は尿酸値が高くなり、痛風になる確率も高くなります。

尿酸値7.5mg/dl。
まだまだ生活習慣の改善だけで平均値の7.0mg/dl以下まで下げられる範囲です。

痛風 尿酸値が高い人のおいしいレシピブック や、 よくわかる痛風・高尿酸血症を治すおいしい食事 などの尿酸値を下げるためのレシピ本も参考にしながら、まずは食生活の改善から始めてみませんか?



関連記事

ページ上部へ戻る