トイプードルがドッグフード食べない時に試した「たった一つの方法」

これからご紹介する、トイプードルがドッグフードを食べない時に試した「たった一つの方法」は、我が家で飼っているトイプードル(1才)もパクパク食べてくれる方法です。

その方法は、とっても簡単。

いつものカリカリフード(ドッグフード)に「 ペディグリー パウチ 子犬用 発育サポート 旨みビーフ&緑黄色野菜 」をほんの少し絡めるだけだったんです!

マニュアル通りじゃ食べてくれない時もある

  • ドッグフードは器に入れ常に出しておくのではなく、朝晩の食事の時間に与えること。
  • 適量のドッグフードを器に盛り食べさせ、ほとんど食べずに器で遊び始めたら片付けること。
  • 人の食べているものを与えたり、しつけ用のご褒美の犬用のおやつを間食のように与えないこと。

飼い始めた頃は、トイプードルの子犬を購入した時に店員さんにアドバイスされたことを忠実に守っていました。

とにかく健康に育ってほしかったので、ドッグフードはプードル用の「 ロイヤルカナン BHN プードル 800g 子犬用 」だけを与え、間食もトイレトレーニングやしつけのご褒美として少量食べさせるだけでした。

それなのにドッグフードをあまり食べてくれない日は続きます。

そんな我が家のトイプードルも、「 たった1つのこと 」を行うだけで美味しそうにカリカリ食べてくれるようになったのです



我が家のトイプードルも食べてくれるようになった「たった1つの方法」

それは…
いつものカリカリフード(ドッグフード)に「 ペディグリー パウチ 子犬用 発育サポート 旨みビーフ&緑黄色野菜 」をほんの少し絡めるだけなんです!

食べさせ方はとっても簡単。
「 ペディグリー パウチ 子犬用 発育サポート 旨みビーフ&緑黄色野菜 」のパッケージを見ていただくと、外袋の側面に 「 ドライフードとまぜた 1日の食事量の目安 」が書かれています。

体重3~5キロ程度の程度のトイプードルちゃんでしたら、1日1袋~2袋をいつものカリカリドッグフードに絡めるように混ぜ合わせて食べさせます。

と、ここまではマニュアル通りの食べさせ方ですが、次は もっと節約できるお得な食べさせ方 をご紹介します!
 



もっと節約!我が家のトイプードルの食べさせ方とは?

我が家のトイプードルが子犬だった頃は、「 ペディグリー パウチ 子犬用 発育サポート 旨みビーフ&緑黄色野菜 」小袋パウチの1/4程度の量を、「 ロイヤルカナン BHN プードル 800g 子犬用 」に絡めるように混ぜてあげるだけでモリモリ食べてくれることが分かりました。

※ 1日2食 = 2日で小袋のパウチを1袋食べる

ペディグリー パウチ 子犬用 発育サポート 旨みビーフ&緑黄色野菜 130g×10コ でしたら送料込み。

小袋パウチ30個届くことになるので、約2ヶ月分賄えることになりますね!

いつものカリカリドッグフードに1か月450円ほど負担をするだけで、愛犬のトイプードルがカリカリッと美味しそうにドッグフードを食べてくれるようになりました。

たったこれだけでよかったの!?(笑)

こんなに喜んで毎日楽しそうに食べてくれるなら、「食べてくれない…」と見ているだけでなく、もっと早くにペッディグリーパウチを混ぜてあげればよかったと後悔しました。

関連記事

ページ上部へ戻る